公認会計士は、税理士にもなれる

税理士には、「独占業務」という税理士にしかできない仕事が3つあります。
まず“税務代理”、依頼人の代わりに税金の申告手続きや、税務調査をおこなったりもします。
税金の計算や申告手続きは、とても難しいため依頼人に代わって手続きや作業をおこなうのが税理士です。
個人事業主が依頼すれば、1年間の収入や経費の計算から申告までおこなう手続き、いわゆる「確定申告」も税理士の仕事です。
次に“税務書類の作成”は、いろいろな税金に関する書類を作成します。
“税務相談”は、その名の通り税金の計算方法や申告手続き等、税務のあらゆる相談にのることです。
税理士と、よく似ていて常に比較されるのが公認会計士です。
税理士には出来なくて、公認会計士にのみできる仕事は「監査」です。
上場企業等を対象にした会計書類や、内部の管理方法などを厳しくチェックします。
それから、会社や銀行に所属して、財務諸表や決算書を作ったり経営に関して助言したりもできます。
公認会計士はその資格を取得すれば、税理士としての知識も得たことになるので、同時に税理士資格も取ったことになります。

Published by