車検に合格する灯火類

夜間走行時に、自分の車を周囲の車や歩行者に教える重要な役割を担っているヘッドライトやテールランプなどの灯火類には、厳しい規定があるのをご存じでしょうか?
ヘッドライトには、次のような規定があります。
色は、左右同じ対象位置で白色か淡黄色、色温度は3,500ケルビンから6,000ケルビンであること。
ランプの数は2灯でロービーム、ハイビームの場合は2灯~4灯、最高光度の合計が22万2000カンデラを越えていないこと。
光の角度や向きは、ロービームは40メートル先まで確認できるもので対向車の妨げにならない、やや左向きであることなど、まだまだ細かく決められています。
スモールライトでは、白色、淡黄色、橙色であることと、夜間に前方300メートル手前から確認ができるものであることとなっています。
ウインカーについては色は橙色で、周囲100メートル離れた場所から確認できるもので、点灯回数が1分に60回~120回の間であることとなっています。
テールランプでは色は白色で、同時に点灯するバックランプは2個よりも少ないこと、後方75メートルから確認できるものとなっています。
ブレーキランプは赤色で、100メートル離れた場所から確認できることとなっています。
このような点が車検でもチェックされているんでしょうね。

公認会計士は、税理士にもなれる

税理士には、「独占業務」という税理士にしかできない仕事が3つあります。
まず“税務代理”、依頼人の代わりに税金の申告手続きや、税務調査をおこなったりもします。
税金の計算や申告手続きは、とても難しいため依頼人に代わって手続きや作業をおこなうのが税理士です。
個人事業主が依頼すれば、1年間の収入や経費の計算から申告までおこなう手続き、いわゆる「確定申告」も税理士の仕事です。
次に“税務書類の作成”は、いろいろな税金に関する書類を作成します。
“税務相談”は、その名の通り税金の計算方法や申告手続き等、税務のあらゆる相談にのることです。
税理士と、よく似ていて常に比較されるのが公認会計士です。
税理士には出来なくて、公認会計士にのみできる仕事は「監査」です。
上場企業等を対象にした会計書類や、内部の管理方法などを厳しくチェックします。
それから、会社や銀行に所属して、財務諸表や決算書を作ったり経営に関して助言したりもできます。
公認会計士はその資格を取得すれば、税理士としての知識も得たことになるので、同時に税理士資格も取ったことになります。

歯科医院のクリーニングの痛み

お口の中は歯磨きをすることである程度キレイにすることができますが、歯垢や歯石、ステインなどの汚れが付いてしまいます。
これらの汚れは虫歯や歯周病の原因になってしまうので、これらの汚れを落とすためには歯科医院のクリーニングが効果的です。
歯科医院のクリーニングは歯周ポケットに付いた歯垢や歯石を、専用の機器を使って取り除きます。
クリーニングは歯科衛生士が行うことが多く、私が通っている歯科医院でも歯科衛生士さんがやってくれます。
クリーニングは虫歯や歯周病の予防や改善にも効果的で、歯周病の初期治療として受けることもできます。
でも歯石を取る時に痛みを感じることもあり、歯医者さんの治療って痛みがつきものです。
だから歯医者さんに行きたくない人って多いですが、歯石は歯医者さんでしか取ることができないので、痛みを我慢するしかないのかなぁ。
でも歯医者さんによっては歯石を取る前に麻酔をしてから施術をしてくれるとこともありますよ。
痛みが気になる人は、歯医者さんに麻酔をしてから歯石を取ってもらえるか、相談してみるといいでしょう。

DVD作成に運動会の撮影が頼めたらいいのになぁ

子供がいると色々な学校行事に参加する事が多くなりますが、今年も色々ありました。
まあ、毎年同じような行事の繰り返しですが、その度に写真を撮ったりビデオで撮ったりと大忙しです。
カメラ越しの我が子を見る事多くなってしまって、運動会のダンスの時にはカメラで自分の子を一生懸命探して撮っているので、全体を見る暇がありません。
DVD作成業者に運動会の撮影などを依頼してくれたら、もっとゆっくり我が子だけではなく、まわりもゆっくり見られるんだろうなぁ。
たくさんの人が運動会のDVDを買ってくれれば、価格も安くなりそうだし。
そういったサービスがあったら嬉しいけど、自分で撮影した方が安上がりだし、自分の子供がメインで撮れるしね。
でもビデオで撮ったデータってそのままになっている事って多くありませんか?
私もそうですが、撮っただけでDVD作成をやっていません。
暇な時にやろうと思っていても、もう何年もやってないなぁ。
ビデオやスマホで撮った動画はパソコンでDVD作成ができる事はわかっていても、DVD作成って面倒に感じてしまうので放っておいてしまうんですよね。

閉店間際に居酒屋へ行ったらだめ?

友達の知り合いが居酒屋をやっています。
珍しいお酒が置いてあって、料理もおいしいので、とっても気に入りました。
同僚にも紹介したかったので、先日仕事帰りに居酒屋へ寄りました。
居酒屋としては閉店が早く、11時半クローズです。
私たちは仕事柄帰宅が遅いので、11時前くらいにお店に入りました。
お店を出たのは12時前だったと思います。
閉店は11時半ですが、お店を閉めた後も、お客さんだけが残っていることはありますよね?
マスターにも何も言われなかったので、閉店時間を過ぎてもい続けました。
そのことを友達が知り、今後閉店時間を過ぎてからの滞在はやめた方が良いと言われたのです。
11時半クローズという事で、マスターは通常11時くらいには店じまいの準備を始めるそうです。
おそらく、私が友達の知り合いという事で、断れなかったのだろうと言っています。
でもそうなると、私は当分あの居酒屋を利用することが出来ません。
同僚も非常に気に入っていたので、今後仕事帰りに寄ってしまう可能性があります。
11時半には店を出るように言われたと、同僚に説明しなくてはならないでしょうか。
客商売なのだから、その辺は融通を利かせてほしいというのは、私の我儘でしょうか。

伊丹市にある歯医者さんの特徴

皆さんはかかりつけの歯医者さんがあるでしょうか?
かかりつけの医者はいても、意外とかかりつけの歯医者さんというものはないのではないでしょうか?
こうしたところからも、多くの人がやはり医師よりも歯医者さんを下に見ている事がわかります。
さらに歯医者さんの治療は、医師とは異なり、命には関係しないため、多くの方はそれほど真剣に考えることもないのかもしれませんね。
しかし歯医者さんを正しく選択することは、非常に重要なことです。
歯並びが悪いなら、体全体の健康に大きな影響を与えることもあります。
伊丹市の歯医者さんの中で、とても良い歯医者がありました。

是非とも近くの方は、かかりつけの歯医者さんにして頂きたいですね。
この歯医者さんの名前は、はまだ歯科クリニックといいます。
こちらの歯医者さんの特徴は、とにかく天然歯を抜かないように治療してくれることです。
天然歯とは自分自身の歯のことで、一度しか生え変わらない歯です。
ですから一度抜いてしまうなら、それ以後は決して生えてくることはありません。
こうした基本的なことを重要視してくれる歯医者さんはとても信頼できます。

歯科治療への不満

ほとんどの方は、歯科医院にて治療をされた経験があるのではないでしょうか?
中には一度も歯医者さんに行ったことがないという方もいるかもしれませんが、そのような方は一部の例外的な方と言えるでしょう。
実は虫歯になったことがないという方もおられ、こうした方に共通しているのは、幼いころに親から口移しでものをもらったことがないということです。

親の口の中には、虫歯になる原因があるため、親が口に入れたものを子供に与えるというのはあまり良いことではありません。
原因はどんなことであれ、多くの方は虫歯になってしまい、歯科医院での治療が必要になるものです。
では歯科医院の治療に不満を感じたことはないでしょうか?

実際に歯医者さんに通っておられる方に、意見を聞いてみると、かなり多くの方が歯科医院の治療に対して不満を感じているということが分かります。
どのような事に不満を感じているのかというと、第1に治療の説明が少ないということです。
第2は、先生の態度が横柄である、第3に治療の時間がかかりすぎるというものです。
歯科医院はこうした不満を解消するために、しっかりと対応しなければならないでしょう。

正しい歯磨き方法で白い歯になれるかなぁ?

先日、テレビのバラエティ番組で歯磨きの正しいやり方ってのやっていたんです。
歯の表面の汚れって唾液で結構落ちちゃうんだって。
だから、そんな必死に磨いちゃダメで、逆に歯のエナメル質を傷つけて黄ばんでしまったりするそうです。
歯ブラシを縦にスライドするのではなく、横にスライドして、歯周ポケットの汚れを取り除くのがいいみたい。

私、ものすごく強く磨いていたし、めっちゃ歯ブラシ縦にスライドしていました!
そのせいで私の歯は黄色いのかなぁ?
色素沈着してるのかもしれません。

そんなわけで、テレビを見てからは正しい歯磨きの方法を実勢しています。
でも、これだけで歯が白くなるんだろうか?
それは疑問ですね。

やっぱり、本当に真っ白の歯にするのなら、歯医者でホワイトニングをしないといけないのかも。
私の友人がやってるんだけど、本当に綺麗な白い歯になっています。
でも、お金もかかりそうだし、痛そうなんで迷っちゃうなぁ!

まぁ、真っ白じゃなくていいから、清潔感のある色になりたいですね。
白く塗ったような歯よりも自然な透明感のある歯になりたいです。
やっぱり、歯磨き頑張ろう~!

不動産投資を始める前に

車で見知らぬ土地へ初めて出掛けるときは、目的地までのルートを下調べしますよね。
カーナビが付いている場合はともかく、そうでない場合は、きちんと調べておかないと大変な目に遭うかもしれません。
安易に車線変更できない道路で焦る姿が想像されます。
なにか新しいことを始めるときも例外ではありません。
リスクを最小限に抑えるためにも、きちんと情報収集をしておきましょう。
資産を増やす方法として注目される「不動産投資」の場合も同じです。
情報収集するときは、実際に不動産投資をしている人の話も役立つでしょう。
不動産投資の条件のひとつに「建物の場所」があります。
駅に近いなど、交通アクセスが便利なことは見逃せませんよね。
また、独身者を対象にするのか、ファミリー層を対象にするのかによって、部屋の広さなども変わってきます。
中古物件には安いとのイメージがありますが、早々に修繕費などが掛かるなど、却って高くつくリスクもでてきます。
自分が住むのなら使い勝手が悪くても我慢できますが、入居者からお金をもらう以上、快適な住環境を整えることが大切です。
このように、不動産投資に際しては、いろいろな注意点があることを知っておきましょう。

鍼治療のひとつ「パルス鍼」とは

なんらかの治療や施術を受けるとき、必要以上に恐怖心を持つ人もいます。
その気持ちは、当事者でないとわかりませんよね。
どんなに理屈を並べられても、怖いものは怖いのですから!
鍼治療を受ける場合も例外ではないでしょう。
鍼を体に刺す時間は、対象となる体の部位によっても異なります。
鍼を刺した後は鍼を上下に動かすなどして体に刺激を与えますが、鍼を抜くまでの時間によって「単刺」と「置鍼」とに分けられます。
前者はすぐに鍼を抜きますが、後者では5~15分間そのままにする必要があるのです。
鍼を長く置くことで、体への刺激が持続できるメリットが期待されます。
これらの方法とは別に「パルス鍼」を選ぶ方法もあります。
パルス鍼とは、鍼に付けたクリップに微弱な低周波電流を流す鍼治療です。
そうすることで、体の「こり」をほぐす、血流をよくするなどの働きがあります。
単刺や置鍼よりも刺激が少し強いため、「こり」などが重い場合に向いているようです。
それだけに、施術中の違和感、施術後のだるさなどが出てくる可能性もあります。
鍼治療に苦手意識を持っている人は、電流を弱めてもらうことをおすすめします。